2007年06月15日

Invasion

凍て付いた身体をシャワーで温めて、
漸く辿り着いた安らぎの場所、寝床に潜りこんで瞼を伏せて。
消耗した精神があっさりと切れて眠りへと堕ち。
浅く揺蕩う其の中で、夢を見た。

夜明けに目覚めて、頬が濡れているのに気付いて苦笑。
ああ、此処迄侵食されているか。

一番見たくない夢だった、どうか逆夢であって欲しい。

また寒く感じたからしがみ付いて寝直そう。
夢に不安を覚えるなんてどうかしている。
【関連する記事】
posted by 橘 at 05:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。