2007年06月12日

Gastronomic culture

昼間の仕事、昼過ぎ迄携わっていて。
夕方からクライアントとの打ち合わせに出向いて。
普段ならば割りとトントン拍子に話が進むのだが、
情報交換だの個人的思想だのの話へとずれていくと大変な事となる。
本日まさにそんな感じとなってしまって頭を抱えた、
当初もっと単純な打ち合わせに過ぎなかった筈なのに
気付けば時間が押して押して押し捲っているのに収集が付かない状態に。
お蔭で泣く泣く夜に約束していた某人が新しくオープンさせた店の
開店祝いに赴くのをキャンセルする羽目になってしまった、
非常に申し訳無い(陳謝)

会議室で延々話し込んだ後その場に居た全員が空腹感に苛まされて
場所を某居酒屋へと移して其処でまた書類を広げて。
たまたまメニュー表に書かれていた『八丁味噌おでん』に心惹かれて
注文してみた。
…届いた物が凄まじい物だった、赤茶の泥の様なタレに浸かってる大根やらが(ふ)
おでんと言えば関東煮位しか食した事が無い故に
目の前に置かれている商品が妙に異様な雰囲気を発して見える。
おでんに大根や蒟蒻は普通だが、果たしてにんにくは入れて良いのだろうか。
それともコレは中部の人からしたら普通なのか(悩)
唐突に疑問が湧いてしまい、思わず写メを撮って数人に問いかけてみる。
結果としては『おでんににんにくは入れない』だったのだが、
其れ故にあの泥の様な中に浮いているにんにくがより一層の異彩を放っていた(ふ)

それでも全体的に美味しかったから良しとしよう。
八丁味噌おでん初体験したので、お土産は鶏手羽先味噌煮にしてみる。
や、我が家の細君は鶏好きらしいので(笑)

夜の仕事から帰って来た相手とタイミングを合わせて帰宅、
『オカエリ』と告げて、『タダイマ』と告げて。
抱き締めた途端に意識シャットダウンとか、最後の最後で間抜けな様を晒してみた。
…私もたまには眠りの妖精に好かれるんだよ(哀愁)



『しょうもない人の為のバトン』

1.飯屋とかで並ぶ時書く名前は?
『橘』か『タチバナ』。
たまに『蘇芳』。
…旧姓(ふ)

2.自分のしょうもない一面は?
下らぬ事で地味に嫉妬したりする所とか(貴様)

3.自分のしょうもなくない一面は?
公私の割り切りの度合い。
仕事ですから、仕事。
生活の為…(何)

4.自分はくだらない人間だなと死ぬほど落ち込む瞬間は?
下らない事で某人と喧嘩をした後ふと我に返った瞬間(ふ)

5.目上の人と話すときは震えるほど緊張するか?
全くもって無い、誰に対しても態度は変わらない。

6.好きでも嫌いでもないものは?
関係の無い人。

7.どんな仕事に就いている?
翻訳家&ホスト。

8.自分の将来は明るいものだと思う?
普通じゃない?

9.やったら楽しーだろうなあと思う今一番やりたいことは?
誰かの背後に静かに近付いて膝かっくん(笑)

10.バトンを回したいしょうもない人達5人を挙げよ↓
ご自由にどうぞ。
【関連する記事】
posted by 橘 at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。