2007年06月15日

Movement

唐突乍日記のアドレスを変更する事に。
変更先は此方
リンクを張って頂いている方はお手数掛けるが変更をお願いします。
当方からの作業は地味に進めていく所存です。


変更先にて既に当日記の内容をインポート済。
此方ではこの板にて最終となります。

では、また新しい地にてお目にかかれる事を(深礼)
posted by 橘 at 07:05| Comment(44) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Invasion

凍て付いた身体をシャワーで温めて、
漸く辿り着いた安らぎの場所、寝床に潜りこんで瞼を伏せて。
消耗した精神があっさりと切れて眠りへと堕ち。
浅く揺蕩う其の中で、夢を見た。

夜明けに目覚めて、頬が濡れているのに気付いて苦笑。
ああ、此処迄侵食されているか。

一番見たくない夢だった、どうか逆夢であって欲しい。

また寒く感じたからしがみ付いて寝直そう。
夢に不安を覚えるなんてどうかしている。
posted by 橘 at 05:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOST

相変わらずな精悍さと、皮肉さと、執着。
宛ら夜闇の蛇を髣髴とさせる、何時だかにも揶揄えたけれど。

もうタグを必要としない場所で生きている、私も、貴方も。
上下関係が生じない対等な立ち位置に居るのだから此方とて今以上の妥協はしない、
手に入れたければ同じ気性を持つ人間を探すが良いよ。

そっちが力づくなら私だって全力で逃げる。
幾ら呼んでももう貴方の声は届かないし、届いたとしても拾わない。

紫の襦袢を脱ぎ捨てて
漆の簪を其の心の臓に突き立てて
貴方とのビジネスライクに今度こそ終止符を。

狂ってくれて有難う、さようなら。

梅雨に入って夜通し降りしきる雨が、冷たい。
もっと降って濡らして洗い流して。

全部。
posted by 橘 at 02:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

relation

久方振りに袖を通す衣装、結い上げる髪。
何をこんなに緊張しているのだろう、否、緊張というより畏怖に近い物がある。
一度終わりにしたと思っていたものが未だ細く長く続いていて、
改めて断ち切ろうとする事がこんなに胸をざわめかせる物なのかと再確認。

付ける仮面、琉璃。

続きを読む
posted by 橘 at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

Movie

漸くPIRATES of the CARIBBEAN At World's Endを観てきた。
公開日から結構経って居たので結構劇場内は席が空いていて、
ポップコーンとセブンアップを共にガン見(笑)
DVDで見たりするのも結構好きなのだが、矢張り大画面だと迫力がある。

個人的にジャックよりデイヴィ・ジョーンズを愛して止まないので
牢屋のシーンで悦に浸ってみる、親父萌えとか言わない約束で(ふ)

どうでも良いがパーレイの時思わず吹き出した私は負け組だと思う(何)

後でTHE CURSE OF THE BLACK PEARLとDEAD MAN'S CHESTを
もう一度DVDで見たい。
posted by 橘 at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

Gastronomic culture

昼間の仕事、昼過ぎ迄携わっていて。
夕方からクライアントとの打ち合わせに出向いて。
普段ならば割りとトントン拍子に話が進むのだが、
情報交換だの個人的思想だのの話へとずれていくと大変な事となる。
本日まさにそんな感じとなってしまって頭を抱えた、
当初もっと単純な打ち合わせに過ぎなかった筈なのに
気付けば時間が押して押して押し捲っているのに収集が付かない状態に。
お蔭で泣く泣く夜に約束していた某人が新しくオープンさせた店の
開店祝いに赴くのをキャンセルする羽目になってしまった、
非常に申し訳無い(陳謝)

会議室で延々話し込んだ後その場に居た全員が空腹感に苛まされて
場所を某居酒屋へと移して其処でまた書類を広げて。
たまたまメニュー表に書かれていた『八丁味噌おでん』に心惹かれて
注文してみた。
…届いた物が凄まじい物だった、赤茶の泥の様なタレに浸かってる大根やらが(ふ)
おでんと言えば関東煮位しか食した事が無い故に
目の前に置かれている商品が妙に異様な雰囲気を発して見える。
おでんに大根や蒟蒻は普通だが、果たしてにんにくは入れて良いのだろうか。
それともコレは中部の人からしたら普通なのか(悩)
唐突に疑問が湧いてしまい、思わず写メを撮って数人に問いかけてみる。
結果としては『おでんににんにくは入れない』だったのだが、
其れ故にあの泥の様な中に浮いているにんにくがより一層の異彩を放っていた(ふ)

それでも全体的に美味しかったから良しとしよう。
八丁味噌おでん初体験したので、お土産は鶏手羽先味噌煮にしてみる。
や、我が家の細君は鶏好きらしいので(笑)

夜の仕事から帰って来た相手とタイミングを合わせて帰宅、
『オカエリ』と告げて、『タダイマ』と告げて。
抱き締めた途端に意識シャットダウンとか、最後の最後で間抜けな様を晒してみた。
…私もたまには眠りの妖精に好かれるんだよ(哀愁)

『しょうもない人の為のバトン』
posted by 橘 at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玖月たちが(BlogPet)

最近は枕を投げつけても交わされる事が増えてきた
なかなか眠気が取れなくて、グダグダしてれば「寝起きは枕を投げつけても交わされる事が増えてきた」
湿り気などを用意すればよかった?
最近可愛い貴様や、広い寝起きとか帯びている
大きい脳外科や、広い寝起きとか投げつけても交わされる事が増えている
ネットで脳外科とか香りとか貴様と、グダグダすればよかった?
橘たちが、最低三つは用意すればよかった?
玖月たちが、広い湿り気を帯びている
ネットで可愛い眠気とか、大きい眠気と、香りとかを用意したかったの♪
だって♪


*このエントリは、ブログペットの「玖月」が書きました。
posted by 橘 at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pillow

夕方になって車を出し、向かうショッピングモール。
辿り着いた其処で買った抱き枕、140センチの白アザラシ型(笑)
一応紙に包んで貰ったが、流石に中身の大きさを考えると更に大きく見えたりもする。
…駐車場迄戻る間通行人の視線を妙に感じたが気にしない(貴様)

荷物を車の助手席に乗せ一旦帰宅し、猫に餌をやり乍忘れていた電話を某人へと掛け。
決まった憂鬱な日へと向けての段取りを時折話逸れ気味に成りつつも進めて。
他人を介して人と会う事は少なからずあるものの、
元々気乗りしないのであれば溜息や苦笑が受話器を通して相手にも伝わってしまって。
気を使わせてしまって、御免。

続きを読む
posted by 橘 at 02:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

暇潰しがてら。

某人の所をたまたま見て、持ってきたバトン。
昼食後の腹ごなしでは無いが、答えてみようか。
何だか似たようなバトンをこなした事があるのだが
若干内容が違う…どれだけあるの、この類の物って。

其れにしても長かった(がくり)

続きを読む
posted by 橘 at 13:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

reflection

降りしきる雨、響く音、時折鳴神の声混じり。
手探りにシーツを弄れば残る温もり、主を無くして冷えてく其れ。
漸く重い瞼を開いたらベッドの外に相手の近い顔。
枕であろうと浮気は許してくれないらしい(ふ)
雨に濡れたらしき相手の冷たい手が体温を吸い取って同じ温度に成る、
ゆっくりと移ってく、その感覚が好きだ。

朝からゆっくりと流れていく時間の中で彼是と、色んな事を話していた。
今日一日でどれだけ約束事を交わしたのだろう、
指折り数えてみたら四つ…で合ってるだろうか(悩)
その中に一つ、勝負事が混じっているので近々決行出来れば、と思う。
今度こそ負けてなるものか(何)

続きを読む
posted by 橘 at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

Telephone rush

結局引っ越し祝いに先日買ったまましまっておいた首輪を
さてどうしようかと問うべく朝っぱらから電話をかけて。
公開首輪装着SHOWは当然断られた物の首輪自体は付けてくれるらしい、
其れだけでもまぁ取り敢えずは満足だったりする。
昨日頼んでおいたソファーベッドはちゃんと買ってくれたらしい、
抱き枕位は買って持っていこう、NOT手土産(ふふ)

休日なので猫と遊び乍『24』のDVDをディスク3迄ぶっ通しで見てみた。
相当の暇人である、しかし漸く手に入れたセットなので矢張り纏めて見たいもので(笑)
その最中で今度は電話が掛かって来た物だから片手間に出て見れば久し振りの知人、
滅多に連絡を寄越してこない相手なだけに嫌な予感が、して。
その予想は当たらずとも遠からずで頭が痛くなる。
ただ救いは相手が言ってくれた言葉。

ちゃんと身を挺して守って下さい?(笑)

其れにしても上玉マゾの素質なんて無いし要らないんで
見出したりしないで下さい、鳥肌が立った(がくり)
征服欲ねぇ…何処に沸くのだか(悩)
posted by 橘 at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dianthus

某人が引越しをすると言うので
押しかける気満々でリクエスト、黒いソファーベッドと等身大抱き枕。
引っ越した先にお邪魔したら置かれている黒電話、
『家電が無いと何かと辛い』と言う意見は同意の頷きを示すが、
何故にこんなに古いタイプを…アナログ好き?(笑)
後に買い直すかもしれないとか言っていたが何時になる事やら、
今度久し振りに電話してみようか、たまには声でも、という事で。
…其れでまた去年みたいに受話器越しに寝息が聞えたらどうしよう、
落書出来無いと真っ先に思考が傾き、
そうなると留守電で彼是言ってやろうかなとか考える(待)
そう言えば何だかんだ言ってあの特注の首輪はまだ手元にあったりする、
果たして送ったら彼は潔く着けてくれるのだろうか(貴様)

まぁ、無事引越しおめでとう、お疲れ様。

続きを読む
posted by 橘 at 02:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

夢の続き

某『ラプンツェル』が拗ねた(ふ)
よく解ったね…と言うか、その勘が相変わらず怖い。

でもやはり待つだけなのは無理で。
かと言って髪を切る勇気もなくて。
だから別の案を考える、要するにそう言う事。

序でに言うと、それだけ常日頃から心配してるのだろうね。
だから貴方はとっとと狂犬の元にお帰り。

じゃないと私が八つ当たりさr(強制終了/貴様)

だから枕はパイル地だってば(何)
posted by 橘 at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

glass

此処から連れ出して
離さないでいて

ラプンツェルみたいに髪を垂らしたら
迎えに来てくれる?

───阿呆らしい

其処迄なったら自ら切って編んで勝手に降りてく
そういう所だけ妙にアグレッシブ


…変な夢だ、寝直そう。
頭にあった枕抱き込んでまた丸まる。
ベッドの中なのに一寸肌寒い朝。
posted by 橘 at 06:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rabbit in the moon

『生まれ変わったら餅を搗くんだ』

其れを見る前に
行く所が在るんだ
そんな事を思い出した
posted by 橘 at 02:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

days

なかなか眠気が取れなくて、
グダグダしてれば『寝起きは矢張り可愛い』とか、
脳外科へ行け、本当に。
最近は枕を投げつけても交わされる事が増えてきた、
最低三つは用意してるけど(貴様)

空、曇りがち…雨が降りそう。
風が湿り気を帯びている、雨の香りを纏っている。

梅雨が近い。

続きを読む
posted by 橘 at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

m2l

大幅な遅刻、謝って。
元々時間が短めなのに一時間近い遅刻なんて…なんて勿体無い(がくり)
其れでも無事に会えて良かった、と言う事でショッピングモール内の呉服屋へと。
この時期になると矢張り着物より浴衣メインで店頭に飾られている、
色鮮やかな其れを見るのは楽しい。
ワゴンに並んでいる小物や簪、髪に翳し合って選び合って。
黒めの木軸に飾り模様彫られた小さい鈴を朱色の紐で端に留めた簪、
和風テイスト、揺れる鈴の小さな主張。
フィーリングで選んでみたが相手の髪に翳してみたら似合いそう、
金糸だからこそ映える黒と朱。

浴衣は以前から考えていたグリーン系で変更無し。
若竹色、淡くくすんだ緑色。
迷い出すと止まらない優柔不断なA型気質を押える為に何処迄も直感勝負(笑)
裾から広がる模様はその内ちゃんと身に纏った時迄のお楽しみ。

帯と下駄は次回にするとして、また勝負の話をし乍帰宅。
一日バタバタしていただけに相手を腕に抱いて眠りに落ちる。
そう言えばこんなに早く(?)眠りに落ちるのは久方振りかもしれない。

の●太君ばりに夢の中へと。
見る其れはきっと浴衣を身に纏った貴方(待)
posted by 橘 at 01:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

break a leg!

太陽50度傾いた辺りで書類とディスクを鞄に詰めて、
電車を乗り継ぎ事務所へと。
夕刻に入る打ち合わせは割かし多い、
昼間ばかりならまだ楽なのだが駆け出しなら文句も当然言えず。
取り敢えずディスクは校正部に回してから打ち合わせに入ったのだが、
途中ポケットの中で『ピーッ』とか不穏な音が鳴り響いた。

携帯充電切れ、充電器、自宅(最悪)
尤も充電器が其処にあったとしても
打ち合わせ中に席を外してセットするなんて出来る訳無いのだけれど。

巻いて巻いて漸く終了、ダッシュでメトロに向かったら、
腹立たしい事に売店にシャターが降りている。
私に対する挑戦ですか、そうですか…dammit!
悪態付き乍も帰宅優先、落ち着く為に車内で仮眠(待)
地元駅で漸く手に入れた使い捨て充電器で連絡取って、
そのまま向かうショッピングモール。

無事に会えたけれど大幅な遅刻に相当凹んだ、御免(泣)
posted by 橘 at 21:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

fire fly

蛍の光は人の魂を移して光る。
そんな話を、川原で蛍を愛で乍していた。
ならば彼の愛する人も、私が嘗て愛した人も、
あの淡い緑の光となって揺らいでいるのかもしれない。

指を伸ばす、光へと。
指先に止まった蛍一匹、此れがあの人だったら何と声を掛けただろう。
『オカエリ』と言おうか、それとも『お帰り』と言おうか。
もう道を違えてしまった、貴方の魂は今も揺蕩っているだろうか。

密やかなる美徳は何とやらではないが蝉より蛍のように
一つ一つ生み出す光と言う名の想いを控えめ乍も相手に示したい。
焦がれる感情が瞬きとなる、愛しい、愛しいと点る毎に囁く、音では無い表現。

あの時叫んだ自分は蝉だった、終わり告げた夏に向けて叫んでいた。
ある意味純粋、悪く言えば子供。
尤も今だって子供じみていると思うのだが、多分もう叫べない。
だけれどその代わりに今を大事にしたいと矢張り思う。

続きを読む
posted by 橘 at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

LOVE&JOY

某氏に言われて聴き出した曲。
結構昔だが最近クラブとかでもちょこちょこ掛かっているトランス調。
元々そう言った感じの曲なのだが歌詞もメロディーも好き、打ち込みのタイプも。


“君が良い” 選びたくて選ばれないコトばかりで
傷つくたび削ってきたプライドの行方を追うのはやめて

LOVE&JOY変えてゆく
アナタも変えてく
スコール虹をかける季節に
LOVE&JOY七色に
明日が色付く
胸に抱いたその笑顔で
【LOVE&JOY/木村由姫】

どうでも良いがクラブで踊る人が泳ぐ魚に見える。

続きを読む
posted by 橘 at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。